『新新宿駅企画課あるぷすひろば』弐号館

アクセスカウンタ

zoom RSS あやしあおば…

<<   作成日時 : 2010/11/22 03:12   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様、平素はお世話になっております。水越@字書きになります。
現在、三巻の校正作業真っ最中です。詳細はFix次第、UPさせていただきたく存じます。とはいえ、今度の三巻はなんといいますか…その、非常に誤字・脱字が多くて混乱しています。浅草初登場の回の冒頭の台詞で『JR車の(JR東の…が正解)』とか、もろもろ信じがたい誤植だらけです。担当のK君は大変精力的かつ精神的にタフであり、仕事に常に圧倒的に前向きという、到底ゆとり世代とは思えぬ攻撃力満載の頼りになるナイスガイなのですが、ちょっとだけ残念なことにあまり鉄道には詳しくないということと、なにより文字の読み書き基礎力がやや弱いのかも、と…( ̄ー ̄|||)
まあ、水越も決して自慢のできるオツムをしてるわけではないので偉そうなことを言うべきではないのですが、しかし、これはあまりにも…(;_;)
どう弄る(いじる)とこうなるのか不思議!

画像


『弄べば(もてあそべば)』(誤) → 『弄れば(いじれば)』(正)
>ですよねー

----
さて、実は現在、水越を悩ませているのは別の問題です。『あやしあおば』という名前の、松本君の上司の名前についてです。当初、このキャラも『あずの話が必要』というところから急遽、名前とキャラを組み立てたという人物で、一回登場するだけの『捨て』キャラの予定でしたが、いつの間にか随分と登場回数が増えてしまいました。
あるぷすに関するメモ書きが残っていて(自分たちで資料を作る際に必要となる書類です)、これに『左沢(あてらざわ)さくら』という仮名称がついていました。おそらく当時の水越の中では『フルーツライン左沢線』からとるつもりだったのでしょう。ただ、『さくら』にバツ印が入っていて(これはおそらく『井川さくら』とかぶるので)『正式名称要改正』と水越の手書きが残っていました。しかし、ではなぜ『あやしあおば』になったのか…の理由が、いまとなってはさっぱり思い出せないのです…。ボケが進んだのかもしれません。常々、『この名前はさすがにちょっとない…』と連載時に考えていたので、三巻が出る時には名前を直そうと思っていたのですが、もはやWikiにしっかりと記述が残っていたので(あるぷすの項目に関しては全て正しい情報と考えますので修正の必要はないと考えます)、このままでいくことにしました。有志の皆様の善意を無にするべきではないので…m(_ _)m

画像


>ですよねー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 色々と僕らの考えもしない悩みがあるんだネ、体壊さないようにエナジーボツボツ使ってください。
setosan
2011/01/13 06:22
setosan、いつもありがとうございます。あるぷすの三巻も順調な滑り出しでまずはホッとしています。ジャイブのコミックスはそもそも書店でも取り寄せずらいという厳しい状況ですので、結果、やれるだけのことはやれればよいな…という明鏡止水の心境です…(^_^;)
水越@字書きの方
2011/01/13 14:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

----
水越保
あるぷすひろば原作担当
アニメ『こいこい7』構成他

たかはしまもる
あるぷすひろば作画担当
----------

【読者の皆様へ】
皆様から暖かいご声援を頂きまして『あるぷすひろば』を単行本として上梓することができました。あらためて感謝申し上げます。単行本化など当初はまったく考えてもいなかったので望外の喜びを水越・たかはし共々感じております。これからも皆様に楽しんでいただけますよう精進致しますのでお付き合い頂けましたら幸いです…m(_ _)m
あやしあおば… 『新新宿駅企画課あるぷすひろば』弐号館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる