『新新宿駅企画課あるぷすひろば』弐号館

アクセスカウンタ

zoom RSS The鉄道漫画vol.2さんです(^o^)ノ

<<   作成日時 : 2010/12/25 01:24   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様、年の瀬が近づいて参りました。如何お過ごしでしょうか? 水越@字書きになります。
The鉄道漫画vol.2さんの校正があがったという連絡を頂きました。こちらのURLになります。

http://www.shonengahosha.jp/tetsudo/index2.html

…大変ありがたいことに私たちも載っております。皆様と少年画報社さんに感謝です。バーニア600先生が描かれた表紙は手書きという話しを聞いております。ゲラ刷りを頂いていたのですが大変綺麗な出来で、水越・たかはし共に吃驚したのを覚えています。正直、SLは書き込みが大変であるぷすではSLを極力さける方向にしていたのですが、『やっぱ逃げちゃだめだよね』と二人で反省。申し訳ありませんでした。
鉄道専門漫画の中に組み込まれ、一作品として掲載されるのは始めてですので、ある意味、緊張している私たちです。他の先生方が強力な方々ですので『大丈夫かな、私ら?』という不安感があるのは事実です。
反面、実際に掲載されると判ってホッともしておりますけどね…(^^;



THE鉄道漫画001レ 旅立ち号 (SGコミックス)
少年画報社
2010-07-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE鉄道漫画001レ 旅立ち号 (SGコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



THE鉄道漫画002レ 浪漫号 (SGコミックス)
少年画報社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE鉄道漫画002レ 浪漫号 (SGコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最終回掲載号すら入手できずようやく見つけたら既に次号だった、というくらいなかなかラッシュ本誌を手にする機会に恵まれず、未収録があるのは残念ですがそれも運。御無沙汰しておりました。

鉄道と言えばSL偏重な傾向にある意味辟易している(SLの鉄道史における貢献度の大きさは尊重してますし、否定しているわけではないです)身としては「あえて避けた(今後もそう思うことにします)」「あるぷす」の判断は良かったんではないかと思います。

あと一月切ってますが、あるぷすの次なる一手、心して待ちます。
広坂
2010/12/26 07:01
広坂様、お久しぶりになります。水越@字書きになります。あるぷすのラッシュ掲載最終話が手に入りませんでしたことは水越も残念に思います。元々、流通量の少ない雑誌ですので広坂様初め皆様にはご迷惑をお掛けしましたことは申し訳なく思います。正直、ある種の歯がゆさがあったと吐露しておきたく思います。また同紙面上にて告知があったようなのですが、どうやらラッシュ本誌自体がウェブ化されるようでして(詳細は不明なのですが)紙面媒体がどうなるかを含めて年明け後に新しい方向性が出るのかもしれません。
SLに関しては、水越の持ってる実物資料が『トミックスかKATOの…』くらいという状況でして(汗)、JRで走っていた頃に乗ったことがなく(年齢的に…)『果たして書けるのかな?』という不安もありました。もう少し確実な資料を揃えたうえで、試みる機会がありましたらやってみたいと思っているのですが…。

本当にいろいろとご迷惑お掛けしております。まだまだ頑張る年の瀬です。ご助言・ご支援頂けましたら幸いです…m(_ _)m
水越@字書きの方
2010/12/26 10:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

----
水越保
あるぷすひろば原作担当
アニメ『こいこい7』構成他

たかはしまもる
あるぷすひろば作画担当
----------

【読者の皆様へ】
皆様から暖かいご声援を頂きまして『あるぷすひろば』を単行本として上梓することができました。あらためて感謝申し上げます。単行本化など当初はまったく考えてもいなかったので望外の喜びを水越・たかはし共々感じております。これからも皆様に楽しんでいただけますよう精進致しますのでお付き合い頂けましたら幸いです…m(_ _)m
The鉄道漫画vol.2さんです(^o^)ノ 『新新宿駅企画課あるぷすひろば』弐号館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる